2013年09月01日

蜘蛛の糸を人工合成 慶応大発のベンチャー企業「スパイバー」

山形県鶴岡市にあるスパイバー株式会社は、蜘蛛の糸を人工合成し、繊維にする慶応大発のベンチャー企業です。
蜘蛛の糸は、同じ直径であれば鋼鉄の強度の5倍とされ、柔軟性もあります。
航空機産業界や、自動車業界では、炭素繊維より軽く、強く、しなやかなということで、注目が集まっています。

0901スパイバー1.png
続きを読む
posted by ことり at 01:06| Comment(0) | ベンチャービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。