2013年10月06日

オーストラリア大陸縦断ソーラーカーレースが開幕

10月6日、オーストラリア大陸を縦断する世界最大級のソーラーカーレース ワールド・ソーラー・チャレンジ (World Solar Challenge )が、ダーウィンで開幕しました。

1006豪ソーラーカーレース1.png

ワールド・ソーラー・チャレンジは、1987年から2年に1回レースが開催されています。
北部都市ダーウィンから、南部都市アデレードまでの砂漠地帯を約3000km走行し、スタートからゴールまでの時間を競います。

今年は、22の国と地域から38チームが参加しており、日本からも2009年と2011年に優勝した東海大学を含む5チームが参加しています。

日本企業の支援も受けて大会3連覇を目指して参加する東海大学のチームは、5日のタイムトライアルで出遅れ、トップのチームからおよそ9分後に出発しました。
各チームはこのあと毎日夕方5時まで走り続け、トップのチームがゴールの南部アデレードに到着するのは4日後の今月10日になる見通しです。

東海大学の三連覇なるか、10日のゴールが楽しみですね。

豪で自作ソーラーカーレース - NHK NEWS

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
posted by ことり at 21:14| Comment(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。