2013年10月04日

川などの水上を自転車で横断できる組立キット

ニューヨーク州を流れるハドソン川を3日、水上自転車が初めて横断したそうです。

乗っていたのはジュダ・シラーさん。
シラーさんはこの日、空気注入式の浮き2つが付いた自転車にまたがり、水上を「走行」した

この水上自転車と同じようなものを、販売している会社があるので紹介します。
記事中では川を走行していますが、ことりの知っている水上自転車 「 SBK-KIT 」 は、外洋も走行可能ですので、別メーカーかも知れません。

1004水上バイク1.png

「 SBK-KIT 」 では、水上走行に必要な部品や組立道具は、バックパック1個に収まっていますので、陸上で自転車走行し、水辺に来たら水上走行用品を取り付けて、水上走行できます。

1004水上バイク3.png

バックパック寸法:幅35×奥行25×高さ49 cm
バックパックの重量:12.4 kg
組立寸法:長さ275×140 cm
最大負荷:120 kg

浮き袋は自転車を漕ぐことで空気を入れられるようになっており、また自転車を漕ぐことで取り付けたプロペラが回転し、水上での推進力となっています。
利用が簡単になるように考えられた設計で、素敵ですね。

1004水上バイク2.png

「通勤の強い味方」、米ハドソン川を水上自転車で横断 - ロイター
SBK-KIT HP

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
posted by ことり at 18:31| Comment(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。