2013年09月19日

「ななつ星in九州」車内での食事メニューを公開

人間国宝・故十四代酒井田柿右衛門氏が生前に手がけた洗面鉢やランプシェード、十四代今泉今右衛門氏の一輪挿しや茶碗、源右衛門窯の洗面鉢など 「有田焼き」 を使った豪華な内装品も注目されている 「ななつ星in九州」。
車内で食べられる食事の内容が、公表されました。

09019ななつ星1.png

薩摩切子の器が美しい、仙巌園(鹿児島市)の「島津家薩摩御膳」の一品

福岡市 「やま中」 の玄海灘の幸を使った寿司や宮崎市「ふるさと料理 杉の子」の宮崎郷土料理など、九州の美味を集めた内容となっています。
九州各地の新鮮で旬な食材を使うため、食事の内容は季節によって変わるそうです。

ハード面で総工費30億円をかけたと言われる「ななつ星in九州」は、ソフト面のおもてなしにも力を入れていることが伺えますね。

クルーズトレイン「ななつ星」の食について ななつ星HP

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
posted by ことり at 11:56| Comment(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。