2013年09月14日

イプシロン、打ち上げ成功!搭載衛星も予定軌道に投入!

固体燃料ロケット「イプシロン」が、9月14日 午後2時、鹿児島県肝付町にある内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。

09014イプシロン1.png

約1時間後、惑星観測衛星「スプリントA」を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。

固体燃料ロケットは、点火後の制御が難しいので、無事に打ち上げが成功して良かったです。
今回、打ち上げが成功したことで、低コスト、短期で打ち上げることができるイプシロンの需要は、増えるでしょう。

年間で計3機を打ち上げる計画で、2号機は27年度の予定。コスト削減をさらに進め、将来は商業衛星打ち上げ市場への参入を目指す。

世界的に、小型衛星の打ち上げ需要が増えており、イプシロンの貢献が期待されますね。

8月22日の打ち上げ中止以来、宇宙航空研究開発機構(JAXA)やIHIエアロスペースの社員の方の心労は、大きかったと思います。
今回の打ち上げ成功、本当におめでとうございます。

「イプシロン」打ち上げ成功 惑星観測衛星を軌道に投入

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
posted by ことり at 22:04| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。