2013年09月13日

豪華寝台列車「ななつ星in九州」ラウンジカーなど車両公開

JR九州が、10月15日に運行を開始する豪華寝台列車「ななつ星in九州」の車両を、報道陣に公開したそうです。
9月13日、小倉総合車両センター(北九州市小倉北区)で公開されたのは、機関車を含め8両の編成のうち、客車やバーカウンターがあるラウンジ車など3両。

09013ななつ星2.png


午前10時前、車両前の垂れ幕が引かれると、小豆色に似た「古代漆色」の塗装に金色でロゴやエンブレムが描かれた車両が初めて姿を現した。
機関車を含め8両の編成のうち、客車やバーカウンターがあるラウンジ車など3両の内部も公開。客室の床や壁などには高級木材をふんだんに使い、客室ごとに備えられているシャワー室もヒノキ造りにするなど高級感を演出している。


09013ななつ星3.png

JR九州の唐池恒二社長は「ハード面では(欧州の)オリエントエクスプレスを超えたと思う」と語ったそうです。

「ななつ星in九州」は、JR九州の特急車両「ソニック」や九州新幹線「つばめ」をデザインしたインダストリアルデザイナー水戸岡鋭治氏のデザインで作られました。
総工費約30億円をかけた内外装と調度品は、和をイメージにしてデザインされており、障子などが使われています。

ななつ星は1泊2日または3泊4日で九州内を周遊する。客車1両に客室2〜3室を配置し、計14室の定員は30人。乗車料金は1人あたり最高55万円(2人1室の場合)。JR九州は主に国内のシニア層やアジアの富裕層などの利用を見込んでおり、国内在住者分の予約はすでに来年6月まで埋まっている。

香港の旅行会社ともチャーター契約を結んだとのことですので、世界からの注目が高いことが伺えますね。

古代漆色の塗装に金色ロゴ JR九州「ななつ星」 - 日本経済新聞

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
posted by ことり at 15:34| Comment(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。